1. HOME
  2. イベント
  3. 被害者支援プロジェクト
  4. 日本航空123便御巣鷹山尾根墜落事故(1985年8月12日午後6時56分30秒)

日本航空123便御巣鷹山尾根墜落事故(1985年8月12日午後6時56分30秒)

日本航空123便墜落事故再発防止プロジェクトおよび忌日風化防止活

日本航空123便は1985年8月12日群馬県多野郡上野村の御巣鷹山に墜落した飛行機事故。乗員乗客524人のうち520人が死亡。生存者は4名。この事故の再発防止の観点から「自動操縦及びAI全般」を研究する大学研究室または、研究機関の経済支援をする協賛プロジェクトです。プレスリリース付帯

 

実施期日

毎年、8月12日の一週間前前後をプロジェクトの実施期日とします。

最低実行人数

20人

実施主催者

人工知能開発基金事務局(https:www.itami.ne.jp)

ドメイン

2022年1月現在ドメインオーソリティー25(8等級)

協賛金額

11,000円(税込み)

計画レポート

研究開発支援費用  110,000円

プレスリリース費用 30,000円

作業費用      30,000円

手数料(15%)    30,000円

協賛スポンサー形態

個人・企業団体

デジタル協賛プロジェクト予定

【Digital Sponsorship Project Plan】 | 被害者支援プロジェクト