OUTLINE

概要

本質的なE-A-Tを上げる対策を行います。各分野での共同プロジェクトの実行フェーズを経て「功績」を蓄積し、完了後に報道発表を行います。入会後にプロジェクト実行の準備が始まります。(1回/年間)

E-A-T対策のまとめ

ほかの専門家に取材した記事や監修された記事の掲載は本質的には自分のE-A-Tではありません。小さな施策は最後に行い、まずは抜本的な「自分自身のE-A-T」を上げる取り組みが必要になります

上流工程

書籍の執筆(除 デジタル書籍)・社会での活動量・専門分野での業績・高度な資格

下流工程

テレビ取材・新聞掲載・プレスリリース・雑誌掲載・ウキペディア掲載・SNS掲載

対策のポイント

「上流工程のE-A-T対策」を経たのちに、「下流工程のE-A-T対策」に流していくことが肝要になります。上流工程を経ずに初めからごちゃごちゃに対策をとるのではなく、しっかりと「自身のE-A-T」を育て上げてから、その波及効果としての情報掲載をじっくり進めることが重要になります。

E-A-Tと先端技術とは…?

階段を上るピクトグラムE-A-Tとは検索エンジン最適化の中でも要となるWEBサイト評価基準のひとつです。現在行われているSEOのE-A-T対策の方法は「専門知識の量と質」を高めたり、「専門家に取材」したことを表記したり、「一次情報」を出したり、「著者名や運営会社を開示」するなどです。しかしそうした表面的な対処で本当にE-A-Tは上がってるのでしょうか?ここで、もっとも重要なのはご自身の持ってる「本来のE-A-T」がどれだけなのかということです。E-A-Tがそもそも備わってる人間と、人の監修や引用で掲載する人は、その時点では「同列のE-A-T」ではないからです。また、高度な国家資格保持者と資格はないが資格保持者と同じ知識があるというのも「同列のE-A-T」ではありません。ここでは、もともと備わってるE-A-T自体をあげていこうというのが、取り組みの趣旨になります。短い時間では構築できないE-A-Tも、数年かけて育てることができるというのが「E-A-Tと先端技術」というプロジェクトです。もちろん、ここでは高度な国家資格を取ることが対策の趣旨ではなく、その人の活動の「経歴」を増加させてセルフブランドの構築に寄与していくことを考えています

E-A-T対策チーム

概要を示すダイアグラムE-A-T対策はひとりや1社で取り組んだ場合、限られた要因への対策に集約されますが、他者との共同活動による成果は実績として公認されます。この活動量を経歴として活用いただきE-A-T向上にお役立ていただけます

E-A-Tとハイテク分野

自動運転車のイラスト

ハイテク基金

「テクノロジーコンバージェンス」…それはもともとは、全く関係のない科学技術分野が融合加速し、指数関数的な技術発展を遂げることをさし、その技術を「エクスポネンシャルテクノロジー」と表現されます。この技術的な収束をきっかけに飛躍的な科学技術革がを起きることに着目します。E-A-T対策としてこの先端領域の科学技術支援の取り組みを共同で行います

E-A-Tと分散自律型組織

DeFiの画像

DAO基金

DAO(Decentralized Autonomous Organization)基金ではE-A-T対策として分散自律型組織の支援活動を行い次世代型の組織支援を行います。またDeFi(Decentralized Finance)分散型金融システムの開発支援とブロックチェーン開発への協力をおこない次世代金融への協力を行います

E-A-Tと仮想現実分野

仮想空間内の店のイラスト

メタバース基金

仮想空間分野でのイベント支援や出店協力、技術開発…E-A-T対策の着想として各分野の仮想空間内技術を支援します。ご自身の専門領域に近い分野の支援を行うことでの専門性の増強を支援します。

E-A-Tと被害者支援

墓地の前の花の写真

忌日基金

人間がその人に「権威」を感じるのは何も名声や地位だけでなく、万人への愛や優しさを「権威」と考えることは往々にしてあります。弱者救済を行えるその「尊さ」に敬意を持つこと…それが、本来の権威と考える人は少なくありません…再発防止の技術支援を中心に被害者支援のプロジェクトを実行します