1. HOME
  2. プロジェクト
  3. 被害者支援プロジェクト
  4. 日本航空123便御巣鷹山尾根墜落事故(1985年8月12日午後6時56分30秒)

日本航空123便御巣鷹山尾根墜落事故(1985年8月12日午後6時56分30秒)

日本航空123便御巣鷹山尾根墜落事故再発防止プロジェクトおよび、忌日風化防止活動

 

1、忌日に合わせて防止策に貢献できる技術支援(大学研究室及び研究機関支援)

2、参加可能者:事故関係者及び一般賛同企業及び賛同者

3、参加者制限:3枠

3、参加方法:下記より決済完了後、事務局からメールにて参加の確認

4、忌日:毎年8月12日、またはその数日前

5、費用:129,500円(税込み142,450円)

6、報道発表:人工知能開発基金との共同発表(個人名も可、匿名可)

 

 

大学生2人がプログラムを書いてる写真1、忌日に合わせて防止策に貢献できる技術支援(大学研究室及び研究機関支援)

事故が起きた忌日に合わせて、航空技術向上に貢献する研究費を支援する。特に航空技術の自動化に取り組む大学研究室や研究機関または、XAI(説明可能なAI)ExplainableAIの研究に取り組む研究室の支援を行います。説明可能なAIは、今後の航空技術の要です。AIの判断根拠を示す技術の向上は自動操縦の普及に大きな影響を及ぼします。

 

2、参加可能者:事故関係者及び一般賛同企業及び賛同者

プロジェクト参加者はこの事故の関係者または、この事故を再発させない取り組みに賛同いただける個人や企業団体

3、参加者制限:3枠

 

4、参加方法:下記より決済完了後、事務局からメールにて参加の確認

決済が完了いたしますと、事務局から実施にあたっていくつかの確認とメールでの打ち合わせがスタートいたします。

(1)プレスリリースを実施するプロジェクト遂行日

(2)研究支援先の選択について

(3)プレスリリース文章についての調整

5、忌日:毎年8月12日、またはその数日前

報道発表は、忌日の数日前、または忌日に行います。数日前に報道発表することで、忌日には報道に取り上げられる場合もあります。

6、費用:129,500円(税込み142,450円)

月々の分割も可能になりますのでお問い合わせください。(※1)

※1分割の場合はすべての支払が完了した時点でプロジェクトがスタータ致します。

 

7、報道発表:人工知能開発基金との共同発表(個人名も可、匿名可)

人工知能開発基金事務局との共同プロジェクトの発表を行います。個人のお名前、企業とのタイアップでの発表になります。匿名での発表も可能です

 

8、事故の詳細はこちら

 

9、訪問記録

忌日・基日の予定

【ITAMI】 | 被害者支援プロジェクト